リフレ調剤薬局は地域連携薬局を目指しています。


地域の患者様の健康を支えるために

写真:調剤薬局外観

処方元の医療機関との1対1の信頼関係にもとづいた出店がリフレ調剤薬局の特徴です。医療機関と密に連携をとることにより、患者様をしっかり見守る環境を整えています。定期的に健康相談等の様々なイベントを開催し、処方せんがなくても気軽に相談できる薬局作りを行っています。

私たちは、地域の患者様の健康を支える『かかりつけ薬局』を目指しています。


選ばれる薬局、選ばれる薬剤師

写真:仕事風景

平成28年4月の調剤報酬改定により、新たに『かかりつけ薬剤師制度』が始まりました。患者様自らが専任の薬剤師を指名する制度です。

地域全体で利用者の健康を支えていく「地域包括ケア」の中で、「薬の専門家」として、利用者の薬に関すること全てを管理する役割を担うのが『かかりつけ薬剤師』だと認識し、私たちは、患者様にお薬をお渡しするだけではなく、その方の治療がより良い方向に進むように、薬学的観点からサポートさせていただきたいと考えています。


地域医療の一員として在宅医療に取り組む

写真:調剤薬局外観

超高齢社会を迎え、在宅での薬学的管理の必要性は高まっています。リフレ調剤薬局でも地域の医師、ケアマネージャー等と連携し在宅調剤、施設調剤への取り組みを進めています。

薬剤師の在宅訪問は患者様のご自宅に薬剤師が訪問し、医師の処方せんをもとに、お薬のセットや薬剤管理を行います。服薬に関するご相談に応じるほか、体調や副作用のチェック、残薬などを調整します。薬剤師が患者様のご自宅に訪問することで、薬局では見えなかった患者様の課題を発見することができ、薬剤師の在宅訪問の必要性を実感しています。

リフレ調剤薬局は、在宅チームを立ち上げ、在宅チームを中心に、本店と栄店、中番店の3店舗で”薬剤師の在宅訪問”を積極的に取り組んでいます。3年後の目標は、在宅活動実績100件/月です。


患者様に、ご自宅で正しく薬を使用して頂くために

写真:仕事風景

リフレ調剤薬局では、より安全・安心な薬物治療のために、服薬期間中に「電話でのフォロー」を行なっています。糖尿病治療薬等服用中の患者様、お薬を飲ませた経験の少ない乳幼児のご家族に対して、薬剤師が電話で、服用状況、副作用の有無、気になることはないか等のチェックを行い、必要に応じて処方医にフィードバックします。

薬剤師による服薬期間中のフォローが義務化(薬機法)され、薬剤師が医療に果たす役割は重要です。


未来の調剤薬局、未来の薬剤師へ

写真:調剤薬局外観

新型コロナウイルス感染症の流行で、オンライン受診、オンライン服薬指導の導入が全国的に進んでいます。実際、オンライン服薬指導を行うためには、オンラインで処方せんを受付する必要があります。リフレ調剤薬局は、一早くオンラインでの処方せん受付システムを導入し運用しています。そして、全店舗で電話機またはZoom等を使用してオンライン服薬指導が可能な状態に整備しています。


地域の患者様の健康を支え、日本の医療を支える

写真:講演会のイメージ

多職種連携会議への参加

地域医療の一員として、積極的に多職種連携会議に参加しています。医師や訪問看護師、ケアマネジャーなどの多職種が集まる中、薬剤師として薬に関する質問に回答したり、専門職としてのアドバイスを行ったりしています。

介護職の方との連携が深まり、通院の状況や残薬の情報などを共有することで、適切な服薬管理につながっています。

写真:講演会のイメージ

薬局イベントの開催

処方せんがなくても気軽に相談できる薬局を目指し、毎月様々な薬局イベントを開催しています。2022年度は、薬局機能のご案内&服薬状況調査、健康食品の試食会、健康測定会、ピンクリボン運動などを計画し、実施しています。

患者様に、普段から健康維持・増進のために、リフレを活用していただけるように取り組んでいます。

写真:講演会のイメージ

薬学生の実務実習中学生・高校生の職場体験

未来の薬剤師を育成するための活動に注力しています。薬剤師会を通じて薬学生の実務実習のサポートや中学生・高校生の職場体験を積極的に行っています。

リフレ調剤薬局では、実務実習指導薬剤師の資格を持った薬剤師が活躍しています。