未来に羽ばたく調剤事務

薬剤師と共に患者様の健康に貢献する医療のプロ、それが調剤事務です。
リフレ調剤薬局で医療人として羽ばたいて行きましょう!



調剤事務のお仕事

リフレ調剤薬局では、処方せん受付からお会計まで、
調剤事務と薬剤師が業務分担を行い、お互いに協力しながら仕事をしています。

調剤事務の主な仕事は、受付・会計、レセコン入力、お薬の調剤補助です。

その他、お薬の発注をはじめとする在庫管理業務にもお力をお貸していただいており、
調剤事務は薬局にとって欠かすことが出来ない存在です。


処方せんの受付

処方せん情報の入力

お薬の調剤補助

在庫管理業務


リフレ調剤薬局の特徴

リフレ調剤薬局の特徴は、「業務の標準化」「役割分担」です。

「業務の標準化」とは、全店舗の業務手順やルールが統一されているということです。
安心・安全が第一の調剤薬局。「業務の標準化」により一番ミスが起こりにくい仕組みになっています。

「役割分担」とは、お互いの役割を理解し、それぞれの役割に分かれて業務に取り組むことです。
調剤事務であれば、”受付・会計”、”レセコン入力”、”調剤補助”などの役割に分かれて業務を行います。
どの役割の人がどの仕事をどこまでするか?を明確に分担するので、その役割だけに専念することが出来ます。

ルールを順守し、役割分担を徹底することで、安心・安全かつ業務が円滑に行われる職場環境となっています。



調剤事務のやりがい

調剤事務は、薬剤師をサポートし、薬剤師と共に医療の仕事を行う医療人。

たくさんの人の役に立つことが出来る仕事です。


患者様

患者様からよく”ありがとう”の言葉を頂きます。調剤事務は患者様にとって最も身近な医療人。そのため、患者様の相談を1番に伺うことが度々あります。些細な事から難しい事まで色々ですが、丁寧に応対すると、患者様から「ありがとう」と言ってもらえます。

薬剤師

薬局で最も保険制度や調剤報酬に詳しいのは調剤事務です。”こんな時は、この指導料が取れます”とか、”この処方箋ですが、○○加算を算定しますか?”など、薬剤師とやり取りすると、「よく勉強しているね!」と、関心されることが結構あります。

地域の方々

お薬出前講座や認知症カフェ、小中高生を対象とした薬剤師体験などの活動を積極的に行っており、どの活動にも調剤事務が関わています。特に、子供達の薬剤師体験は毎回楽しんでもらえて、”やって良かったな”といつも思っています。





薬剤師業務を支え、地域に選ばれる薬局実現のため、人間力豊かに行動力を持って活動する


1年後、3年後の未来像を掲げ、”選ばれる薬局”実現に向けて取り組んでいます。



人間力豊かに行動力をもって活動する調剤事務となるために

調剤事務研修

新入社員を対象とした新入社員研修と既存の調剤事務を対象とした調剤事務年間研修の2つに分かれます。

【新入社員研修】

 調剤事務として自信を持って仕事ができるように、そして一人ひとり成長できるように、きめ細やかな研修を実施しています。

【調剤事務年間研修】

 調剤事務としての知識と技術、接遇能力の向上をサポートしています。



新入社員研修

調剤事務として自信を持って仕事ができるように、そして一人ひとり成長できるように、きめ細やかな研修を実施しています。

リフレ調剤薬局の研修施設

リフレ調剤薬局 栄店は、2階には研修室があり研修施設としての機能を持っています。

新入社員の方々は、ここでオリエンテーションや新入社員研修を受けています。

※レセプトコンピューターのデモ機があり、入力の練習が出来ます。

令和5年度の新入社員研修の様子

令和5年4月、調剤事務の新入社員が3名入社し栄店で研修を行いました。最初の1カ月間は、主に午前中に研修担当者より保険制度や調剤報酬の講義を受け、午後は栄店の調剤事務に1人ひとり付いて、マンツーマンの形でOJTを行いました。

新入社員宿泊研修

研修から1カ月後に新入社員宿泊研修を行いました。目的は、1カ月の研修の成果を確認をすることと、同期と共に同じ時間を過ごしより良い人間関係を築いて頂くことです。新入社員のこの時期に、一生の記憶に残るかけがえのないを過ごしていただけたらと願っています。

宿泊研修1日目2日目3日目
午前1カ月間の研修成果確認
 テスト
 お薬代の手計算
価値観研修
 ジョハリの窓、世代別の役割
 コンセンサスゲーム
ウォーキング、BBQ準備
BBQ
午後お寺体験
 ワークショップ、瞑想体験
外部講師による接遇研修
 患者応対、電話応対、クレーム対応
観光、サイクリング


調剤事務年間研修

知識と技術、接遇能力を高めるための研修を行っています。その他、20代の調剤事務を対象に価値観研修を行っています。

◆研修の様子◆

知識研修(R5.5月)

調剤報酬の研修を行いました。誤った請求をすると返戻になってしまいますので、調剤報酬をしっかりと理解しておくことが大切です。基本的な調剤報酬の仕組みや4月の変更点を確認し、点数や加算の問題を全員で解いてみました。

同じ服用時点の場合、外来服薬支援料2と計量混合加算の同時算定はできません。注意しましょう!

接遇研修(R5.6月)

各店舗をZoomで繋ぎ、接遇研修を行いました。今回のテーマは、【患者様に「お薬代はどんな風に計算されているか?」と質問され場合、どのように説明したらいいか?】と、【患者様に「お薬代を安くしたいんだけど、どうしたらいいか?」と尋ねられた時、どのように説明したらいいか?】の2つでした。

身につけた知識を、日々の接客に役立てられると良いですよね。

知識研修(R5.8月)

在庫管理について研修を開催しました。在庫管理の仕組みについて講義やクイズなどを行い、在庫管理について学びました。在庫管理って、一見難しい業務に感じるかもしれませんが、仕組みを理解して、一人ひとりが正しい仕事をすれば、欠品せずに適正な在庫を保つことができます。全員が知識を持ち、正しく仕事をすることが出来れば、患者様も私たちも助かります。一緒に頑張りましょう。


接遇研修(R5.9月)

各店舗をZoomで繋ぎ、接遇研修を行いました。今回のテーマは、【新規で在庫の無い薬の処方せんを受付した場合の対応について】でした。各店舗の対応手順を確認してから、新規使用薬の選び方や、薬が入荷した時の対応について確認しました!

身につけた知識を、日々の接客に役立てられると良いですよね。一緒に頑張りましょう。


知識研修(R5.10月)

保険請求の研修を行いました。保険請求の手順や返戻、日々の請求に関連した情報の管理などを学びました。

保険請求業務は、調剤事務にとって最も大切な業務です。しっかりとおさえておきましょう。


知識研修(R6.1月)

在宅医療の研修を行いました。在宅医療とは?薬剤師の在宅訪問とは?他、介護保険制度やレセコンでの算定方法について学びました。

リフレ調剤薬局は、薬剤師の在宅訪問を積極的に行い、坂井・あわらエリアの地域医療を支えて行きたい考えています。在宅医療の知識を高め、地域医療に貢献して行きましょう!


価値観研修(R6.1月)

20代の職員さんを中心に、価値観研修を開催しました。店舗が複数ありますので、WEB形式と対面形式を併用して行いました。

今回のテーマは、”社会人として知っておくと役に立つこと” ものの見方、見え方や解釈について学びました。



キャリアステップ

知識・技術・接遇能力の3つを高めることで、活躍の場が広がります。


地域貢献活動

地域のお薬出前講座に参加したり、中・高校生の職場体験を行ったり、薬局内外で地域のための活動に参加しています。


会社案内(調剤事務)

調剤事務を志望する方のために、会社案内を作成しました。



応募職種調剤事務
募集内容調剤薬局での受付、接客、レセコン入力、調剤補助、備品管理、店内清掃等
資格資格不問。
普通自動車運転免許。
 ※売上金の入金や施設へのお薬の配達等で自家用車を使用することがあります。
採用人数2名
勤務地福井県
勤務時間週40時間を目安とする
 ※8:20-19:00の間で店舗ごとのシフト制
休日・休暇日、祝日、その他シフトによる。年末年始、夏季、慶弔等有給休暇(労働基準法に準ずる)
給与基本給170,000円
諸手当皆勤手当10,000円、通勤手当15,000円まで
賞与年2回(7月・12月)
昇給年1回(10月)
福利厚生社会保険、退職金制度、健康診断(年1回)
応募方法エントリーフォームよりエントリー
Eメールお問合せはこちら


※2024年卒の採用は締め切りました。